デリヘルをもっと楽しむ為にもオプションの内容やアダルトグッズなどをもっと徹底的に検証し攻略していきましょう。

デリヘルのオプションをもっと楽しむ為の攻略ガイド

デリヘルのオプション

デリヘルで自宅に風俗嬢を派遣する場合の注意点

投稿日:2015年11月2日 更新日:

デリヘルで自宅に風俗嬢を派遣する場合の注意点

まだかな〜って待ってる時が最高!

デリヘルを頼む場合、出張先などの『ビジネスホテル』、最寄りの『ラブホテル』、そして『自宅』と大きくわけて3種類ありますよね。
都市部のデリヘルでは『自宅』の要望は多い傾向にあります。一人暮らしのワンルーム等も多いからです、そして田舎になってくると自宅要望は極端に減ります。
隣近所の目とか様々な懸念材料も多くなるんでしょう。たしかに次の日にはそこの家から女が出てきたなんて大騒動になっていてもおかしくないほどご近所付き合いに大きな影響を及ぼしかねませんからね。

自宅でデリヘルを呼ぶお客様も数種類に分かれます(笑
嫁が帰省中など留守にしていてホテル代金を節約する方や一人暮らしのワンルームなどが多いんですよね。

デリヘル嬢を自宅に呼ぶなら

デリヘル嬢を自宅に呼ぶ際の注意点は、極端に散らかったり汚れたお風呂を嫌いますw
あとは万年床みたいにシーツなど清潔感がないと当然嫌がりますので注意しましょう。

ベッドではなく布団を敷いている方は足元側にテレビなどの電化製品があると女の子は盗聴や盗撮の疑いからも嫌います。盗撮をする方は足元側から局部撮影を狙う可能性が高いからです。
ちなみに盗撮なんて見つかった暁にはそれなりのリスクをしっかり考えてみてください、『ごめんなさい』だけでは許されません、初めてでも前歴は当然疑われます、撮影したデータをネットで流した疑いなどからそのデータを削除する程度では済まされない話なんです。
トラブルがあるとお店が女の子を守るスタンスをしっかりしないと女の子は店を辞めます、他の女の子にもそういう店だと信用をなくして安心して働けない店となるだけに、お店も警察沙汰にもするだろうし盗撮ってリスクが高い事を十分理解して決してしないで下さいね。

自宅でデリヘル嬢がいる間に、友達や知り合いが訪ねてきても家に入れる事もできません。
デリヘル嬢が忘れ物でもして、彼女や奥さんに疑われる可能性もあります。
一番いいのは自宅はできる限り避けてラブホテルで呼べれば色々な問題が避けれますよw

-デリヘルのオプション

Copyright© デリヘルのオプションをもっと楽しむ為の攻略ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.