デリヘルをもっと楽しむ為にもオプションの内容やアダルトグッズなどをもっと徹底的に検証し攻略していきましょう。

デリヘルのオプションをもっと楽しむ為の攻略ガイド

デリヘルを攻略する前のチェック項目

男性の皆さんがデリヘルを利用する時には最低限、嬢に嫌われないような配慮をしているはずですよね。していないという方はこれからしてください!!

相手だって一人の女性ですから、『高い金払ってんだから』とか『底辺の仕事してるやつにそんなことする必要ない』何て思っていませんか?高い金払ってでも利用してるのは誰だ?その最低限だと思っている人から奉仕されて喜んでんのはドイツだ!?
どんだけ偉いんだよっ!!

…と、あそこの嬢が愚痴ってましたよ( ´ノД`)コッソリ

そんなわけで、人間として社会人として最低限のエチケットは守りましょうよ。お互い気持ちよく利用したいじゃないですか、心も体も。デリヘルを呼ぶためだけに服を買うわけでもありません、しかし清潔な身だしなみは爽やかで好印象を与えます。髪の毛がちょっと伸びているくらいがなんだ!

しっかりと洗ってキレーにしていれば女の子はそこまで嫌な顔はしません。あとは生理的に受け付けられるかどうかの問題なんであんまり重視しないでください。そこ重視してしまうと利用できなくなる恐れがある男性ばっかりになってしまうかもやしなw

清潔感のあるボディーを手に入れた勇者(オレ)は早速女の子選びだ!

デリヘルで極上の女探し

自分の理想が高いにしても低いにしても、初音ミクのような子が人間として実在しないことくらいはさすがに知っている。だからこそ、納得が行くまで女をさがすのぢゃ!!

デリヘルで極上の女探し

まあでもあれですよね、これだけヘルス嬢がたくさんいるもんだから選ぶ方も大変ですよね。自分の好みは明確だけどそれに近い子って絞ったところでもだいぶな人数いるぜ、かといってあまりにも細かく指定すると誰もいなくなってしまいますから。

あまりにも狭い門や高いハードルを設定してしまうと困るのは自分、だからざっくりと探すようにします。

デリヘルの店探しだけでなく、好みの女性を見つけたり、こだわりのプレイスタイルがあると悩むならば、デリヘル情報 デリノートを見れば意外と簡単に解決するかもしれないぜ。

デリヘルを攻略する前のチェック項目
見た目はある程度クリアしていれば問題ない、それよりも声が重要だと思う人もいるわけです。巨乳じゃなきゃ嫌だという人もいるのです、ふくよか女子が好みというのもいればスリムがいいこともある。

実際のところ、会ってみて触れてみないとわかんないというのが実際のところ。では一体女子探しでは何が重要なのかと言いますと…
デリヘルでは男の野生の感を信じるのみ!!これに尽きますねw
美女をデリヘルで発掘してください。

見た目は好みなのに話し方が気に入らないこともあれば逆もありますよね。顔はそうでもないのにプレイだとめちゃくちゃ相性がいいと感じる女もいるわけです。だから会ってみるまではわからないというギャンブラーな感覚をも味わうことができてこそ真のデリヘルマイスターなのだ。

後悔先に立たずという言葉と己の感を信じていざ店のコールを鳴らせ!
実際に会うまでは本当にどんなに良い子が来るのかわからないというドキドキ感を胸に募らせ、予約をし、次にすることと言ったら…
ホテル探しだろ!!

素敵な女子がやってくる(であろう)と考えるならば自宅よりもラブホを選ぶことができるほどの経済力の持ち主と女心のわかる男がデリヘル嬢の心をも救うのだ。

ラブホ探しは清潔感と価格と設備の充実度

実は日本のラブホテルは世界的にも有名なんです。軽く観光地化されているところやアミューズメント感覚で利用する海外旅行客がたくさんいるんですね。SNSなんかでハッシュタグがつけられるほどの人気っぷり。

ラブホ探しは清潔感と価格と設備の充実度

ちなみに『ラブホテル』は和製英語なので海外では通用しません。日本独自の文化とも言えるんですね、だからこそ海外では雑誌でもピックアップされるほどの注目度の高いところなんです。

まぁあの見た目からして○ンデレラ城か!?と思うような豪華なキャッスル系もあれば、めちゃくちゃお洒落な南国のリゾートホテルチックなところもあれば、スタイリッシュで海外の高級ホテルのような面構えをしているところなんかもある。

高速道路でインターの近くに何か巨大でモダンな建物ができたと思えばラブホだったりもする。

このように昭和の時代では『エッチでいやらしいことをするところ』という印象がガラリと変わってきているのだ。それはデリヘルを利用する男たちにとっても頭を抱え込むほどの問題ではなく、むしろ喜ばしいことだと思う。

目新しいホテルにデリヘル嬢を呼ぶとあからさまに喜ぶ。前回そんなテンションじゃなかったじゃん!くらいに卑屈に感じることもあるほどラブホテルの威力はすごいものを感じる。だからすんげー重要なんです。

ちなみに今でこそ海外の人も存在を知る程のものになりましたが、その起源は江戸時代と言われています。当時からエロいことをするための『お茶屋』という休憩場所とされていたんですね。

ラブホテルの起源は江戸時代

やっぱり血筋は争えない、日本人はエッチなことに興味津々だったんですねー!!近年デリヘルができる前からこうした秘めごとに興味を示したり積極的に行動する人はいたということです。しかしいつの時代もこうした庶民でも楽しめるものは政府やお偉いさん方に法で取り締まりをされるようになってしまうんです。

一度は衰退したものの、名前を変えて昭和の初頭に新登場したのが『円宿』で、このころから料金体系はショートタイムのような休憩と宿泊に分かれていたそうです。いわばラブホテルの原型がこの頃にはできていたということになるわけです。しかしその後の戦争でほぼ壊滅状態になります。

だがしかーし、我々の祖先たちは強かった。若いアベックは青空の下、愛を交わしていた…分かりやすく言うとアオカンっすw

それから経済や日本が復興の兆しを見せ始めると住宅とともに、復興のための人材確保や働く人たちのための宿泊施設を大量に作り出したのです。復興のためなので個々に立派な家をあてがえてもらえるわけもなく…そんな時に流行ったのが再び休憩のシステムを取り入れた宿泊施設だったんですね。

立派なお風呂にも入れるということもあり、人気は高かったようです。現代のような豪華なお城のような佇まいになったのはそのあとなんです。

こうしてみるとデリヘルで気軽に使っているホテルですが、時代によって形を変えて昔から存在していたのですね。

しかも当時からエッチなことをするのにはありがたい存在であったわけです。そんな先人たちに感謝しつつ、今日は目星をつけた女の子を今か今かと待っている男が一人入室していくのです。

デリヘル嬢が到着するまでのワクワクドキドキ

さぁ素敵な女子と綺麗なラブホを見つけたらあとはデリヘル嬢の到着を待つのみです。

これからお楽しみが待っているというのにまさかベッドの上で正座でもして待っているわけではありませんよね?まさかね、だって男の子だもーん♪

デリヘル嬢が到着するまでのワクワクドキドキ

自宅にはない大きな画面のテレビのスイッチをおもむろに入れ、間髪入れずに映し出されるアダルトチャンネルを横目に見ながら、いろんな妄想にかられながら、あんなことしたーい!こんなことまでしたーい♪…とニヤけながら待っているのもいいのですが、ラブホテルに入って待つならばやることはたくさんあるんですよ。

デリヘル店に部屋番号を伝える…うん、確かに。間違えて部屋番号やホテル名を伝えないようにせなな!
そして、財布の中身を確かめる…遅いなw
あとはBGMの選択…キザかw
まず己の体を潔めよ!!

男は基本汗かきだ、とくにオレのようにふくよかなタイプはちょっと拭いたくらいじゃダメなんや!

軽くでもいいのでシャワーで汗を流しましょう。そしてデリヘル嬢が到着する頃を見計らって湯船にお湯を張っておいてあげるくらいの気配りがあるとパーフェクト。

いくらサービスがよい女の子でも客がいろいろなことに配慮してくれているということが見えると嬉しく思うものだ。あわよくばサービスの向上なんかを目論んでいてもいいのだが、些細なことに気付けてこそデリヘルを利用することができる紳士だといえるだろう。

デリヘル嬢との雰囲気作りはちょっとした気配り

風俗だから性欲を満たすために野獣になりたい気持ちは判るが、デリヘル嬢のほとんどは素人女性だから無茶は禁物だよね。

デリヘル嬢との雰囲気作りはちょっとした気配り

アダルトビデオの女優とは違う普通の女の子だから優しく接してあげるのが基本です。

女性を濡らすコツはテクニックじゃなくて受け入れてもらう気持ちが大切、1日一人だけ接客する訳じゃないから自慢のテクニックはデリヘル嬢にとって痛がるだけで効果が薄い、風俗嬢のペースでお任せするか、痛くない?って気遣いをして優しく気持ちでイカせるかが大事だったりするんですよ。

強引なプレイはどん引きされる、一番良い方法は優しくソフトなリードで接してあげれば、そのデリヘル嬢もきっと応えてくれると思います。

投稿日:2016年9月30日 更新日:

Copyright© デリヘルのオプションをもっと楽しむ為の攻略ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.